手頃な料金の振袖レンタル

手頃な料金の振袖レンタル 成人式に向けて娘さんに振袖を用意してあげようと考えている親御さんの中には、高額な値段に驚いてしまうことも多いものです。
何度も着用しないものであり、すぐにご縁があって結婚をすることになれば、嬉しいことでありながらも振袖は未婚女性の着物でもあることから着るのはそこまでとなってしまいます。
レンタルであれば、手ごろな価格で利用することができるので予算を抑えて無駄がありません。
レンタルというと古臭いデザインばかりで使いまわしと思われがちですが、呉服店が経営をしていることも多いことから流行のデザインもたくさん用意されています。
着物だけでなく、着用するのに必要な帯や小物類、下着類もセットになっているので、着物のことがよく分からないという人にも安心です。
足袋などの肌に直接身につけるものは新品が用意されており、返却をしなくても構いません。自分で用意するものは体型を補正する場合に中に入れるタオル程度であり、外からは見えないので家にあるタオルで十分です。
利用料金にはクリーニング代も含まれており、着用した後はそのまま返却するだけです。
また、保険も含まれてるプランも多く、ちょっとした不注意で着物を汚してしまったという場合にも安心です。

振袖と茶髪の色をトータルに考えよう

振袖は古くより日本に根付いている伝統的な晴れ着なので、着る時は日本人の本来の髪の色である黒色が一番似合うと考えられています。
しかし髪の毛を様々な色に染めて楽しむのが当たり前の現代では、特別な衣装を着る日であっても茶髪を黒く染め直すのは手間がかかる作業です。むしろこの二つの色合いを考慮した個性的なコーディネイトを検討するほうが、現在の世情にマッチしているといえるでしょう。
ここでまず気をつけるポイントは、茶髪と一言でいっても様々な色合いがある点です。
例えば黒髪とは全く違う軽いイメージがあるアッシュブラウン系なら、淡い色の振袖を持ってくると全体的に柔らかく可愛らしい雰囲気に仕上がります。また黒や濃紺系がベースになっている振袖は、髪の毛をあえて明るい色にすることで全体的に軽く着こなせるメリットが生まれます。
ただの茶髪にするのではなく工夫を凝らすなら、一か所に振袖の色と同じ色のメッシュを入れてワンポイントにするのも華やかでしょう。
その他にはダークブラウン系の茶髪は、黒髪に似た効果を得られる貴重な髪色です。
先に着たいデザインのものがあって髪の色が決まらない場合は、ダークブラウンを選ぶと無難にまとめられる傾向があります。